にきびを予防する食事と生活習慣

###Site Name###

大人にきびの原因は、皮脂分泌や女性ホルモン、アクネ菌の活動に影響を与える体内のバランスの乱れによります。

○睡眠不足睡眠不足はにきびを悪化させます。


睡眠不足になると、肌の免疫力が低下して、にきびができやすくなります。

予防のためには、最低6時間、11時過ぎたら寝るようにしたいですね。
質がいい睡眠をとることも大事で、寝室の温度設定をしっかりしておきましょう。

マイナビニュースにおける問題への理解促進お手伝いする情報サイトです。

寝る前はパソコンやスマホをオフにして、お風呂も30分前には入っておきます。できるだけ静かな環境で、脳を休めることを大切にしましょう。

にきびの情報が沢山詰まったサイトです。

○食事不規則な食事は、にきびの原因になります。

抗酸化作用が強い緑黄色野菜を毎日食べて、新しい細胞が生まれやすい肌にしましょう。ビタミンcは熱の弱いので、ブロッコリーやほうれんそうは蒸して食べたりスープにして栄養成分をしっかりとりましょう。


便秘も原因になるので、予防のためには食物繊維が多い食品をとります。

ごぼうやひじき、わかめ、きのこ類、おからなどが多い食品です。
○ストレスストレスの予防は、とても重症なポイントです。

ストレスがたまると、体の血流が悪くなるので老廃物が体にたまりやすくにきびができやすいです。

好きな音楽を聴いたり、笑顔になれるdvdを見たりしましょう。

ダイエットで食事制限をしていても、ストレスがたまるのでたまには気分転換しておいしいものを食べに行きましょうね。

ネットの掲示板を見るだけでも、ストレス解消になります。